読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガのかんそー

漫画(やゲーム、アニメなど)の感想を書いていきます

細胞擬人化漫画!「はたらく細胞 1巻」 感想など

はたらく細胞 清水茜

f:id:shin000013:20160417111819p:plain

はぇ~細胞ってすげぇ~。

※ネタバレ注意

 ▼どんな漫画?

肺炎球菌やスギ花粉、インフルエンザなど様々な病原体が体を襲い掛かる。

そんな中、体を守るために戦う細胞たち。

体内でどのように細胞が働いているのかを擬人化した漫画です。

 

基本的に外傷などで何らかのトラブルが体に起こり、

それを解決しようと細胞たちが奮闘します。

(頑張り過ぎた結果おかしな反応がでたり...)

 

 

▼登場人物

白血球(好中球)

f:id:shin000013:20160417112958j:plain

全身白い作業着を着た細胞、白血球の一人。

見た目に反して(?)優しく、新人である赤血球

色々な事を教えるなど人当たりが良い。行動も性格もイケメン。

細菌などの外敵を駆除するのが仕事。

f:id:shin000013:20160417115208j:plain

外敵に関しては容赦ない性格。

外敵を問答無用で殺しに掛かり、

白い服はだいたい敵の血で染まってます。

 

赤血球

f:id:shin000013:20160417113515j:plain

真っ赤な制服と帽子を被る細胞、赤血球の一人で新人。

酸素や二酸化炭素を運ぶ仕事をしているが、

方向音痴。何かとトラブルに巻き込まれる事が多い。

 

血小板

f:id:shin000013:20160417114432j:plain

幼女。幼子。幼女。幼子の集団の一人。頑張り屋さん達。

彼女らもちゃんと働いてます。偉いね。

 

キラーT細胞

f:id:shin000013:20160417114532j:plain

ヘルパーT細胞の命令で出動する細胞の集団の一人。

ウィルスに感染した細胞やがん細胞を殺すのが仕事。

ガラの悪いヤンキー集団だが・・・。

 

他にも登場細胞は多数います。

それぞれ特徴と性格・容姿があって

個性豊かで面白いです。

 

 

▼感想

たくさんの細胞の働きを擬人化することで

体内での細胞の働きが

かなり、わかりやすくなっていて面白い。

ここから入って教科書や専門書を読めば

面白く学べるんじゃないかなと思いました。

 

説明部分の多さが目立つが不快にならず

細胞ごとの性格・キャラクター設定もちゃんとしてます。

外敵はとにかく禍々しく、

それに対する各細胞の動き・リアクションも面白い。

 

現在2巻まで出ています。

2巻では好酸球ちゃんの照れ顔がすごい可愛い。

 

おすすめの漫画です。

 

 

はたらく細胞(01) [ 清水茜 ]

価格:648円
(2016/4/17 12:20時点)
感想(6件)