読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガのかんそー

漫画(やゲーム、アニメなど)の感想を書いていきます

日本よ、これがニンジャだ。『ニンジャスレイヤー』1巻~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ 感想など

ぼくのしってるにんじゃとちがう。

f:id:shin000013:20160422125841j:plain

 ※ネタバレ注意 

サイバーパンクニンジャ活劇小説 

『ニンジャスレイヤー』のコミカライズ版です。

Twitterで掲載されているニンジャスレイヤーは

あえて時系列をバラバラにしてあることは

あまりにも有名ですが

コミカライズ版もそれに則って、

1話完結型でバラバラになっています。

 

だから最初から今月発売した7巻の感想書こうかなって思いましたが

とりあえず1巻として紹介。

なお、掲載エピソードには時系列はない。なぜか?これには宇宙的な必然性があるが、めんどくさいのでしません。とにかく言いたいのは、迷ったら今からやってるエピソードから読めばいいという事だ。それが不安なら、まとめを見たり、書籍を買うのも凄くいい。そういう話を私は聞いた。

 

ぶっちゃけるとニンジャスレイヤーが

ニンジャに復讐する話で、順番とか

別に気にしないでいいよって話。

 

▼主人公

f:id:shin000013:20160422125431j:plain

ニンジャスレイヤー(フジキド・ケンジ)

元は温和で家族思いな人物であったが

マルノウチ・スゴイタカイビルにおける抗争で

ニンジャに妻子を殺され、自身も負傷。

その憎悪に呼応してニンジャ・ソウル「ナラク・ニンジャ」

が憑依して生まれたダークヒーロー。

赤黒い忍者装束に面頬には

「忍」「殺」の2文字が刻まれている。

 

 

勘違いをした日本文化から生まれたダークなストーリーを

独特な日本語訳(通称:忍殺語)で和ませているが世界観は実際サツバツ。

f:id:shin000013:20160422133426j:plain

▲善良なネオサイタマ市民であれば失禁するレベルの

ヤクザスラング。コワイ!

 

人喰いズワイガニ、女体盛り職人って何だよ・・・

 

▼感想

すごい好みが分かれそう。

ゴア描写もあり、少しエロい描写(金髪オイラン)もあります。

独特な世界観と言葉遣い、濃ゆい絵がみごとに

マッチングして面白いとは思いますが

合わない人もいるでしょう。

ニンジャスレイヤー(volume 1) [ ブラッドレー・ボンド ]

価格:626円
(2016/4/22 13:49時点)
感想(1件)

ニンジャスレイヤー 7 -メナス・オブ・ダークニンジャ- カドカワコミックスAエース / 余湖裕輝 【コミック】

価格:626円
(2016/4/22 13:50時点)
感想(0件)