読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガのかんそー

漫画(やゲーム、アニメなど)の感想を書いていきます

異形の者たちを狩り殺せ。『かつて神だった獣たちへ』1巻 感想など

f:id:shin000013:20160423135123j:plain

『父の仇を討つ為に旅をする少女』と

『かつて神だった獣を狩る男』の物語 

※ネタバレ注意

 

▼あらすじ

南北の内戦が起きた時代、

劣勢に追いやられた北部は禁忌の技術で

作られた異形の兵士“擬神兵”を生み出した。

擬神兵の力により内戦は終わりを告げ、

和平へと導かれた。

だが“神”として称えられた彼らは

次第に人の心を腐らせ“獣”となっていく。

 

“擬神兵”の父を殺された少女・シャールは

父が“獣狩りで”殺された意味を知る為に、

擬神兵を殺すための旅を続ける“獣狩り”のハンク

と共に旅を始めるのであった。

 

 

▼擬神兵

禁忌の技術を用いて作られた異形の兵士。

f:id:shin000013:20160423142145j:plain

人の姿を引き換えに神にも喩えられる力を手にした。

神の力はあまりに強大で、人の身に戻れない彼らは次第に

居場所を無くしていくのであった。

特徴は全て神話上の生物の名前であること。

スプリガンミノタウロス、セイレーン、アラクネ

などなど・・・。

 

▼主な登場人物

シャール

f:id:shin000013:20160423135327j:plain

ナンシー・シャール・バンクロフト

擬神兵だった父を殺した

「白いコートのフードを被った男」

を探していた少女。

 

ハンク

f:id:shin000013:20160423140044j:plain

かつて擬神兵の隊長を務めていた男。

“獣”となった擬神兵を殺すという

部隊の約束の下、擬神兵を狩る。

 

ライザ

f:id:shin000013:20160423140642j:plain

巨乳のお姉さん。軍の情報局

戦後処理部の女性。

ハンクのサポートをしている。

 

▼感想

これは良いダークファンタジー。

戦争で英雄となったのに戦後では

化け物扱いされ居場所を無くしたものたち。

それぞれが単に暴れているだけの獣であれば

同情の余地が無いのだが、彼らは彼らの

想いに従って、未だに生きるために戦い続けている。

だがそれでも狩らなければならない。

今を生きているが、過去の存在なのだから。

 

人の弱さや醜さもきちんと描写されています。

面白かったです。 

かつて神だった獣たちへ(1) [ めいびい ]

価格:463円
(2016/4/23 14:57時点)
感想(0件)