読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガのかんそー

漫画(やゲーム、アニメなど)の感想を書いていきます

正義の代償は・・・。『鉄のラインバレル』1巻 感想など

f:id:shin000013:20160424190223j:plain

大事なのは「どうすればいいかじゃない」

お前が「どうしたいか」だ

 

※ネタバレ注意

▼あらすじ

事故で瀕死の重傷を負った主人公、早瀬浩一は

目覚めてから強大な力を得ていた。それから3年後

人間と同じくらいの大きさの謎のロボットたちに

襲われる。命の危機に瀕した時、空からかつての

事故の原因となった巨大ロボット「ラインバレル」 

が現れたのであった。

虐められた過去、その胸に秘めた想いで、

力を求めていた彼は全てにケリをつけるべく

親友・矢島英明と激突したのだが―――。

 

 

▼マキナ

現代の技術を遥かに凌駕する性能を持つ巨大なロボット。

操縦者は『ファクター』と呼ばれる。

瀕死な人間を自らの固有ナノマシンを移植して蘇生させる。

そうなることで蘇った人間はファクターとなる。

ファクターとなった人間は身体能力が

著しく向上し、性格が攻撃的になる。

原則、マキナはファクター無しで人を殺めたり

攻撃することが出来ない。

マキナにとってファクターは

人殺しをさせる為の因子(ファクター)なのだ。

また、ナノマシンを用いてで破損個所を

自己修復することができる。

 

ラインバレル

f:id:shin000013:20160424191552j:plain

早瀬機 全長21m 重量51.27t

主武装:BLADE(太刀)

両腕の下部に1本ずつ装備されている。

他のマキナより自己再生速度が早い。

他にも隠された機能が幾つかある。

 

ヴァーダント

f:id:shin000013:20160424194628j:plain

森次機 全長20.7m 重量50.83t

主武装:BLADE(太刀)

通常時は背中に装備された

ヴァリアブル・バインダーに

収納された太刀(計16本)を用いる。

背部は換装可能で近~遠距離どの距離でも

戦闘が可能。

 

ハインド・カインド

f:id:shin000013:20160424195448j:plain

山下機 全長25.8m 重量73.1t

主武装:REFLECTER CORE(リフレクター・コア)

両手甲についた射出型レーダー兼スキャナー。

後方支援機であるが、人工筋肉により

伸縮自在な腕を用いた抜き手『バレットアーム』

が必殺技。長距離砲は現段階では機動力

重視にしている為、装備されていない。

 

 ハグレマキナ

正体不明の機体。背中に接続されたライフルを装備。

 

など

 

▼登場人物

早瀬 浩一(はやせ こういち)

f:id:shin000013:20160424191112j:plain

主人公の中学生。巨大な力と

正義の味方に憧れている少年。

成績優秀でケンカも強い、元・虐められっ子。

事故によりラインバレルのファクターとなった。

 

城崎 絵美(きざき えみ)

f:id:shin000013:20160424191129j:plain

ヒロイン。クールな性格。

ある企業より派遣された少女で

浩一とラインバレルの様子を観察している。

ある巻からデレてすごい可愛い。

f:id:shin000013:20160424191159j:plain

最終章で髪が短くなります。

 

森次 玲二(もりつぐ れいじ) 

f:id:shin000013:20160424191230j:plain

ある企業の社員。

クールで寡黙な男。常にスーツを着ている。

戦闘スキルが高く、浩一(ラインバレル)に

容赦なく、一方的にフルボッコ。串刺しにした

トラウマ製造機。

 

山下サトル(やました -)

f:id:shin000013:20160424191521j:plain

浩一より1歳年上の高校生。

森次大好き少年。

1巻の頃はキャラが定まっておらず

ファクターになったばかりなのか

かなり攻撃的な性格をしている。

 

矢島英明(やじま ひであき)

早瀬浩一の幼馴染で親友の少年。

浩一が虐められてた時、よく庇っていた。

 

新山理沙子(にいやま りさこ) 

同じく幼馴染の少女。

浩一の事が好きだが、想いは告げていない。

彼の変化に寂しく感じている。

 

など

 

▼感想

 ロボットアクション超大作、始動。

ということでロボットものです。

とにかくマキナ同士の戦いがめちゃめちゃ格好いい。

バレ公かっこいいよバレ公。

 

キャラクターに関しては絵は綺麗なんですが

現時点で主人公・早瀬浩一の性格が

お世辞でも良いとは言えない所が難点かもしれません。

あと山下クンもすげぇ性格悪い。

無力だった少年が力を得てしまったらこうなるのは

わかるんですけどね。

彼らはここから戦いを経て成長します。

線の多さと重厚感がありつつ機敏に動くロボットの

戦闘シーンは本当に素晴らしい。

鉄のラインバレル(1) [ 下口智裕 ]

価格:596円
(2016/4/24 21:29時点)
感想(4件)

【中古】B6コミック 鉄のラインバレル 全25巻 0巻セット / 清水栄一【02P23Apr16】【画】【中古】afb

価格:3,340円
(2016/4/24 21:28時点)
感想(0件)

浩一が森次に一方的にボコられた後日、

屋上で不良の集団に襲われたが

返り討ちにした時の、普通の学校生活でなら

「俺は 最強なんだ!!!」というシーンで

調子に乗ってた頃の彼を思い出しました。

f:id:shin000013:20160424213712j:plain

 

 

 

▼全く関係ないこと。

4月22日に放送されてたシュガーラッシュ、最高でした。

個人的にアメイジングスパイダーマンより
シュガーラッシュの方がストーリーは面白かったと思います。

ベガの「ターボするつもりか」という台詞で

ターボよりレインボーした方がヤバいだろ!
とか思ったけど全く別の話だったでござるの巻。

 

日曜更新休むつもりだったけどつい書いちゃった。